OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 総論

歯周治療の進め方

手順

(1) 診査・診断
X線診査、ポケット診査、動揺度診査、咬合診査、全身状態診査。

(2) 治療計画(初期)の立案

(3) イニシャルプレパレーション
歯周疾患最大の要因であるプラークを減少させ、炎症を軽減し、病変の進行阻止が主体目的である。その中心はモチベーションと口腔清掃指導である。患者の口腔清掃を障害する因子の除去(スケーリング・ルートプレーニング・不良補綴物の除去・暫間固定など)もこれに含まれる。

(4) 再評価・治療計画の修正
イニシャルプレパレーション終了後、再び歯周組織の診査を行い、その結果を基にして初期歯周治療計画を再評価し、必要に応じて治療計画を修正する。必要がなければメインテナンスへ。

(5) 修正治療
口腔清掃指導、歯周外科、MTM、根分岐部病変の処置、永久固定

(6) 再評価
修正治療後にそれを再評価し、良好な場合はメインテナンスへ、不十分な場合は再度治療計画を修正し、治療を継続する。

(7) メインテナンス
口腔内には常在菌がいるため、歯周疾患は極めて再発しやすいといえる。そのため、定期的にリコールし、獲得した患者の口腔内の健康を維持する必要がある。リコール時には、ポケット診査、動揺度診査、咬合診査などを行い、その結果により、口腔清掃指導、スケーリング・ルートプレーニング、咬合調整などを必要に応じて行う。

治療カスケード

参考
最新歯周病学、医歯薬出版
HOW TO 審美と歯周外科、株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
特長とメリット ― 患者さんの安心と快適• 快適な治療• 歯…
プラディアは、根管内の細菌簡易培養検査を簡便に行えるよう調製…