OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 病態

妊娠性歯肉炎とは?

特徴と症状

妊娠中は性ホルモンの変化によって歯肉炎が発症しやすい状態にある。すなわち、女性ホルモンの分泌が更新されることにより、ポケット内に常在するPrevotella intermediaの発育が促進され、プラーク状態が悪い場合、歯肉炎を引き起こすリスクが高くなる。
単純性歯肉炎と症状は変わらないが、ときに妊娠性エプーリスを併発することがある。口腔清掃により症状は軽快し、分娩によって消失することを特徴とする。

治療

基本的なプラークコントロールの強化を行う。プラークコントロールやスケーリング、ルートプレーニング症状は軽快し消失する。観血的処置は行わない。

参考図書: 最新歯周病学、医歯薬出版
HOW TO 審美と歯周外科、株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
Ti-Max X55L/57LはPMTC治療の効率を図るため…
「プロフィーペースト Pro パープル」は、1本でスケーリン…