OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 病態

薬剤による歯肉増殖症とは?

原因と特徴

原因は主に以下の薬剤が原因で生じる。
・ 抗癲癇薬:フェニトイン
・ カルシウム拮抗薬:二フェジピン
・ 免疫抑制薬:シクロスポリン

歯肉はピンク色を呈し、硬く、易出血性に増殖する。歯周炎を併発している場合が多く、歯肉増殖により相対的に歯周ポケットが深くなる。ときに、歯の動揺を伴うこともある。

治療

服用薬剤を変更できる場合は変更してもらい、プラークコントロールやスケーリング、ルートプレーニングを行うことで改善傾向を示すことが多い。しかし、薬剤の変更が不可能な場合や、十分なプラークコントロールができない環境下では、外科的に歯肉切除術やフラップ手術により改善を図ることもあるが、多くの場合、再発するので一時的処置となりうることが少なくない。
本疾患を罹患している患者に対して歯科治療を行う際に留意することは、歯科治療が全身状態を増悪させることがないよう、内科医等の医療従事者とコミュニケーションをきっちりととることである。

参考図書: 最新歯周病学、医歯薬出版
HOW TO 審美と歯周外科、株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
チップ先端がきわめて細いデザイン外部注水型です。ストレート、…
治療から予防へ歯科医療が大きくシフトする中で、歯ブラシによる…