OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 病態

パピヨン・ルフェーブル症候群とは?

原因と特徴

常染色体劣性遺伝による疾患である。
乳歯および永久歯の歯周組織や歯槽骨が高度に破壊されることで、歯牙の自然脱落を生じる。特に、小児期において、全顎的に歯肉炎と高度の歯槽骨の水平的吸収を認める。全身症状としては、手掌、足蹠の異常角化が特徴的である。

パピヨン・ルフェーブル(Papillon-Lefevre)症候群とは?

初期段階においては・・・

歯肉炎が進行する前に、LDDSなどにより歯周病関連細菌の除菌を行う。

参考図書: 最新歯周病学、医歯薬出版
HOW TO 審美と歯周外科、株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
弾力性に優れた手になじみやすい形態のハンドル弾力性・耐久性に…