OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 病態

歯肉膿瘍とは?

発症経路

歯肉を中心とする急性化膿性炎である。主な発症経路を以下に示す。

(1)
慢性歯肉炎または辺縁性歯周炎の経過中に化膿菌が急激に繁殖して急性の症状を呈するもので、患部を中心としてびまん性に発赤、腫脹し、自発痛および圧痛がある。なかには膿瘍を形成することもある。これが多発性に起こった場合には多発性歯肉膿瘍と呼ばれる。

(2)
急性歯槽骨炎の経過の終期。すなわち、炎症性変化の中心が歯槽骨から口腔側の骨膜下に移動して骨膜下膿瘍となり、さらに表在性となって歯肉膿瘍を形成するようになる。歯肉膿瘍は自潰して歯肉瘻が形成され排膿する。深部からの排膿がなくなれば歯肉瘻は閉鎖する。

参考図書: 最新歯周病学、医歯薬出版
HOW TO 審美と歯周外科、株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
薬用成分CPC*1が歯とハグキの境目の歯周病菌を殺菌するだけ…