OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 口腔ケア総論

口腔内保湿・湿潤剤について

適切な使用を目指して・・・

現在、様々な口腔内保湿・湿潤剤が市場に出回っている。それらは、形状や性質が大きく異なるため、症例をきちんと選別して使用することが望ましいと考えられる。
これらの製品を使用する必要がある患者として以下のケースが考えられる。

喫煙等による生活習慣に由来する口腔乾燥症例(口腔乾燥感)
・糖尿病や高血圧、またシェーグレン症候群などの全身疾患に由来する口腔乾燥症例
・全身疾患に対する投薬の副作用や酸素療法による医原性の口腔乾燥症例

さらにもう一点重要なことは「患者自身で管理を行えるのか?」ということである。基本的に、患者自身で口腔内の衛生管理(義歯洗浄等を含め)が行いえるケースにおいては、患者個人の趣向を考慮して一番効果が現れる保湿・湿潤剤を選択するべきである。
歯科医師は患者に対し、「液状のものを口渇を感じたときにスプレーする方がよいのか、ジェル状のもの使用するほうが快適なのか、また、味はどうか?」というについて、十分インタビューした上で、最適であると考えられるものを選択し、適切な使用方法について患者教育する必要がある。

要介護者における口腔乾燥

要介護状態の患者に対して口腔内保湿・湿潤剤を適応する上で注意するべきことを以下に示す。

・投薬変更である程度解決できる乾燥か?(保湿剤以外の解決方法はないのか?
・口渇を感じているだけなのか、それとも実際に口腔乾燥状態なのか?
 (水分補給が優先か、どの形状の保湿剤を使用するべきか?←基本的には内科Drとの協議不可欠)
・適切な口腔ケア管理は行いえるか?(口腔ケア管理が行えない状態での保湿剤適応はありえない)

上記をクリアーにした上で、保湿剤を選択する必要がある。
口腔乾燥があるからといって、安易に口腔内に対する対処だけで解決できると考えてはならない。皆さんご存知の通り、口腔乾燥は「何らかの全身的な問題」における一つの表現形態でしかない。ゆえに、口腔内をマッサージすれば解決できるとか、保湿・湿潤ジェルを使用すれば解決できるという問題でないことを肝に銘じるべきである。

要介護者ケアに用いる主な保湿・湿潤剤

私が、要介護者ケアに用いる口腔内保湿・湿潤剤を以下に示す。各保湿剤の大きさがわかるように、フロスと比較する。

私は基本的に、バイオティーンのオーラルバランスか東京技研のビバジェルエットを使用している。上左図の右下にあるのは、07年10月よりGCより発売となる新しい保湿剤(オーラルアクアジェル)である。このジェルはまだあまり臨床使用していないので具体的な言及は避ける。
さて、話は戻ってオーラルバランスとビバジェルエットの違いについて具体的に話を進めていく。
(液状タイプの保湿剤は誤嚥リスクが非常に高いため、私は使用していない)

オーラルバランスとビバジェルエットの違いとは?

●オーラルバランスに関する注意
はじめに申し上げておくが、どちらの方が性能が良いとか、そういう問題は存在しない。
なぜなら、それぞれが得意とするターゲット症状や環境が違うからである。それゆえ、臨床家が適切に状態・状況を判断し選択する必要がある。
そもそも、オーラルバランスは、開発者自身が全身疾患のため口腔乾燥がひどく、どうにかできないものかと研究を重ねて開発したとのこと。(唾液の有効性を研究し、その性質を商品に持たせている)。そのため、その成分配合はかなり微妙であり、類似商品は出回っているもののオーラルバランスと同等の性能を有するものは存在しない。

●「水添デンプンがあるから固まる??」
近年、オーラルバランスに水添デンプンが含まれていることが問題として指摘されている。
すなわち、水添デンプンが含有されていると、成分が口腔内で乾燥し層状に固形化するといわれることがある。これは、高分子であるデンプンが乾燥により糊化するためであると説明されているが、そもそも水添デンプンとデンプンは異なる。確かにデンプンは(C6H10O5)nで示される天然高分子であるが、水添デンプンとは「デンプンを加水分解し、水素添加することにより製造」されておりデンプンとは性質が異なることに留意されたい(糖アルコールの製法も同様)。デンプンを加水分解している時点で、糖類へと変化する(お米を噛むと甘くなる、デンプンがアミラーゼにより糖類へ分解される、のと等しい)。

●ビバジェルエットについて
ビバ・ジェルエットは、「要介護・有病者の方に対する新しい口腔ケアコンセプト(鶴見大学 菅先生)」のベースとして開発された商品である。要するに、私達は日常的にシステマやフロス、歯間ブラシなどを使用するが、要介護・有病者のケアにおいてジェルエットは当たり前に使用されるべきものという位置づけである。
全ての要介護・有病者ケアに当商品を必要とは感じないが、口腔乾燥がある症例には全てジェルエットを積極的に使用している。


●各保湿・湿潤剤の流れ【フロー】について・・・
下に、3種類の保湿剤【左より、オーラルアクアジェル・オーラルバランス・ビバジェルエット】をペーパートレーに塗布(左図)し、その後模型用バイブレーターで水平角60度を保ち、10秒振盪させた状態を示す(右図)。

オーラルアクアジェルとオールバランスは全く流れていないが、ビバジェルエットはかなり流れている様子が見て取れる。この結果は、口腔内でのジェルの塗布しやすさや、乾燥した上皮剥離などへの浸透しやすさ、また臨床現場で常に感じる使用感などに関連するかもしれない。

成分比較(カタログより・・・)

オーラルバランスは
水添デンプン・ポリグリセリルメタクリレート・キシリトール・ヒドロキシエチルセルロース・ベータDグルコース・リゾチーム・アロエベラ・ラクトパーオキシダーゼ・ラクトフェリン・グルコースオキシダーゼ・チオシアン酸カリ

ビバジェルエットは
水・グリセリン・アルギン酸ナトリウム・ヒドロキシエチルセルロース・セチルピリジニウムクロリド・安息香酸ナトリウム・クエン酸・クエン酸ナトリウム

マウスアクアジェルは
ジグリセリン・精製水・カルボキシメチルセルロースナトリウム・カラギーナン・クエン酸ナトリウム・香料・パラベン



このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
子どもの手や口の大きさだけでなく、子どものブラッシングシーン…
治療前と血圧測定終了時の最高血圧・動脈血酸素飽和度・脈拍をト…