OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 口腔ケア総論

「歯を磨くこと」と「ムシ歯の発生」

藤本 篤士
医療法人渓仁会西円山病院歯科診療・部長

歯を“磨く”ということ

歯を磨くということは、「歯の表面を清掃すること」であるから、ムシ歯の発生予防が主目的のケアである。

【ムシ歯の発生について簡単に説明】

歯の表面に付着した細菌(s. ミュータンス)が糖分を代謝することで排出された乳酸により、歯の表面が脱灰されて(溶かされて)ムシ歯が発生する。
「排出された乳酸は唾液に流されないの?」と疑問に思うが、細菌は歯の表面にしがみついているわけではない。細菌は糖分を代謝するときに乳酸だけでなくベタべタネバネバした不溶性グルカンという物質を排出し、これを体の回りにまとって歯の表面にベッタリと付着しているのである。
これにより細菌はその内部で唾液に流されずに繁殖していくことができ、排出された乳酸もべ夕べタネバネバの内側にたまっていくことにより、唾液に流されずに歯の表面に付着し続ける。それにより歯の表面が少しずつ脱灰されていくことになる。

【バイオフィルムは強固な要塞】

このようにしてできた細菌の固まりはバイオフィルムともいわれ、薬剤も内部になかなか浸透できない強固な要塞になる。そのなかで細菌は活発に活動しているのである。
このため歯の表面を歯ブラシや歯間ブラシなどで機械的に擦過しなければ、このバイオフィルムを壊し、中にいる細菌を遊離させて、口の外に除去することができない。つまり一生懸命ガーゼなどで口腔清拭しても、歯ブラシとは違って歯と歯の間や細かい凹部分には行き届かないため、バイオフィルムを十分除去できない状態となり、ムシ歯の発生リスクが高まることになる。

【機械的にバイオフィルムを破壊する必要がある】

上記の理由で、洗口剤やイソジンで洗口してもバイオフィルム内部に薬剤が浸透しないので、細菌を殺菌する効果はそれほど期待できないうえ、バイオフィルムも破壊されないので細菌を遊離させて除去することができない。歯の表面の細菌を除去するためには歯ブラシなどによるブラッシングをしっかりと行い、機械的な力によりバイオフィルムを破壊することが必要不可欠なのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
《訪問診療用 口腔ケアユニット》立位に合わせた高さで、車椅子…
硬質タイプ 義歯床リライニング材。前身である「トクソーリベー…
関連セミナーが見つかりません