OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 口腔ケア総論

生理的な嚥下運動をアシストするための口腔ケア 【第3の視点】

藤本 篤士
医療法人渓仁会西円山病院歯科診療・部長

口腔ケアの重要ポイント

寝たきりでよく発熱するというような患者を思い浮かべてみよう。

・嚥下機能が低下してよくむせる。
・痰も飲み下せず、いつもゴロゴロしているので吸引も頻回である。
・唾液量が減少し、口腔乾燥も進んでカラカラである。
・さらに、あまり喋らないし、ドロドロのミキサー食、もしくは全部加熱した柔らかい軟菜食。
・胃瘻のため何か月も経口で食事をしていない。

これらのいくつかが当てはまる状態がほとんどである。
このような患者は、前述の口腔の保清システム(詳しくはこちら )は完全に破綻している。そうなれば、歯の表面ばかりか口腔粘膜全体、さらには咽頭から食道に至るまで、細菌の要塞であるバイオフィルムがベッタリと付着しているはずだ。
このような患者の口腔ケアのキーポイントは、舌や口蓋粘膜などの口腔粘膜である(図4)。

歯があれば、歯ブラシによるブラッシングは当然のケアとして行われているものと思う。
しかし、これに加えて口腔粘膜に対するアプローチを行うことが、細菌繁殖や口臭の抑制、誤嚥性肺炎防止というリスク管理につながるのである。逆に、よく話をしたり、舌や口を動かしている患者は、口腔粘膜は意外ときれいな状態であることが多い。つまり積極的な粘膜ケアの必要性は低くなる。

口腔ケアを行う際には、「なぜケアをするのか、どこをケアするのか」を考えることが重要である。

口腔ケアの第3の視点

口から食事が摂れず非経口栄養に移行した患者は、口を使っていないために唾液分泌量が減少して口腔が乾燥し、さらに口腔の運動性が低下して話すこともままならなくなり、口の機能全部が経時的に廃用性機能低下を起こしてしまうことになる。だからこそ、生理的な嚥下運動が常にできる状態を保てるよう口腔をケアする必要がある。
またそうすることにより、自然と唾液を飲み込むという、患者自身が自然と行う摂食嚥下リハビリテーションにもつながる。

従来、口腔ケアは、 以下の2つの視点が大切だといわれてきた(図5、6)。

【器質的口腔ケア】
口腔内をきれいな状態に保持するという口腔衛生管理

【機能的口腔ケア】
口の機能を回復する、機能低下を防止するという摂食機能療法


筆者は第3の視点として、生理的な嚥下運動がスムーズにできるように保湿し口腔を管理することが重要な口腔ケアの目的であると考える。

口腔乾燥の原因と対処法

ある報告1)によると、「時々乾燥・少し乾燥」と感じている人はどの年齢群においても3~4人に1人の割合であり、常時乾燥していると感じている人は10~20歳では4.2%と低率であるが、加齢とともにその割合が増し、65歳以上になると4人に1人が常時乾燥と感じている。

特に高齢者の口腔乾燥は、
(1) 口腔内の痛みによる摂食嚥下障告
(2) 自浄性低下による口腔衛生状態の悪化
(3) 発音障害によるコミュニケーション能力の低下
(4) 義歯の使用ができなくなる
など、ADLを著しく損なう可能性が高い(図7)。

具体的な治療法としては、その原因に対応した薬物療法や唾液腺刺激療法などが基本となる。しかし、原因が不明なものや治療により効果が認められない症例、即時的な効果が必要な症例などにおいては、対症療法としてゲル状の保湿剤を口腔内に塗布して対応するケースが多くみられる。

引用・参考文献

1)柿木保明・他:年代別にみた口腔乾燥症状の発現頻度に関する調査研究、厚生科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「高齢者の口腔乾燥症と唾液物性に関する研究」平成13年度報告書、19-25、2002
2)女池由紀子・他:介助による口腔清掃法の検討第11報 保湿剤の物性について、第8回北海道病院学会プログラム抄録集、28、2008
3)藤本篤士・他介助による口腔清掃法の検討第11-2報 保湿剤の物性について、第20回日本老年医学会北海道地方会抄録集、12、2009
4)菊谷武編:基礎から学ぶ口腔ケア、学習研究社、2007
5)植松宏監、藤本篤士・他:わかる!摂食・嚥下リハビリテーション II 一誤膜性肺炎の予防と対処法、医歯薬出版、2005

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
機能印象材・ティッシュコンディショナー 不適合な義歯床下の軟…
関連セミナーが見つかりません