OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 保湿・湿潤剤について

新しい湿潤剤の開発

新たな物性を持った保湿剤開発コンセプト

管 武雄
鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座・歯科医、介護支援専門員

新しい口腔ケアのコンセプトを実践するために必要になったのが、口腔ケア用の湿潤剤です。これは既存の湿潤剤に適切な性質をもつものがありませんでしたので開発することにしました。
常時の保湿を達成するためには、新しい学問であるレオロジーを導入しました。すなわち、求める性質を先に決め、材料設計を行い、原材料を選定し、試作品の物性測定を行いながら完成させました。

求められる性能と含有成分

本法で用いる口腔湿潤剤に求める性質は、剥離上皮の除去清掃が可能・口腔乾燥を改善できる・常時の保湿を提供できる・ムセや含嗽不可に対応できる・咽頭流入させないブラッシングを提供できる・口腔粘膜のマッサージができる・強い口臭を改善できる、です。そのいずれにも適した性質をもたせたいのです。まず、長時間粘膜に適用するという条件をクリアしなくてはいけません。そのときには塗布しやすく、また除去回収が容易であることが必要です。

この湿潤剤は、余分な添加物を一切添加させませんでした。その理由は、長時間そして長期間口腔内に用いることを想定しているためです。当然、耐性菌の出現や菌交代現象を抑えるために抗菌薬は添加していませんし、香料や甘味料の添加は材料設計当初からまったく検討しませんでした。細菌繁殖の温床になるデンプンや天然由来成分も排除し、ジェルという性質だけで勝負しようと開発したのです。試作品開発段階では「固い水を創りたい」を目標にしていたほど、ピュアでストレートな物性を目指して設計・開発しました。

臨床的な効果 ~カンジダ感染に対して~

材料設計は臨床的にも有効であることがわかってきました。カンジダ菌感染に対して有効なケースが認められました。カンジダ菌がケア前は1400CFUも検出されていたものが、保湿ケア後には検出限界以下になりました。この真菌は口腔常在微生物であるとはいえ、増殖すれば感染症として発症します。抗真菌薬を処方することも可能でしょうが、口腔環境を整えることで無害レベルに抑えられるという事実は、この湿潤剤の開発コンセプトの妥当性を支持するものだと考えています。

この口腔湿潤剤の競争力(=他にはない有効性)とは?

さらに、この口腔湿潤剤には他のジェルにはない特徴が盛り込まれています。それは長時間塗布する場合に効果を発揮するのですが、表面に皮膜を形成せず、粘度が高まらないという性質を付与することができたのです。口腔湿潤剤は乾燥により重量が軽くなりますが、その時に表面に皮膜を形成すると粘度が高まってしまいます。

皮膜形成も粘度上昇も口腔湿潤剤としては望ましくない性質です。特に粘度の高くなった皮膜部分は除去するのが難しくなってしまうのが致命的です。口腔ケア用湿潤剤としてビバ・ジェルエットは、非常に応用範囲が広い製品に創りあげることができました。皆さんも現場で是非、試してみてください。

菅先生のジェルエットサイトはこちら・・・

情報提供:菅 武雄先生(鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座・歯科医師 介護支援専門員)

参考文献:
・看護技術Vol.53(2007).メヂカルフレンド社



このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
常温重合型義歯床用レジンです。フルデンチャー、パーシャルデン…
【商品特長】 <デンタルプロ ソフトラバー歯間ブラシ サイズ…