OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 扁平苔癬に対するプラチナノテクトの応用

重症扁平苔癬臨床報告

堀本 進
横浜船員保険病院歯科口控外科

●症例1

症状と経過

患者は68歳、男性。左右頬粘膜の痛みを訴えて近歯科からの紹介で当科受診。当初の生検では炎症が強く確定診断にいたらず、抗菌剤にて消炎後3度目の生検にてOLPと診断された。歯科用金属によるアレルギーは認めなかった。当初ステロイド含有軟膏とともにビスコクラウリン・アルカロイド(BA;セファランチン)を2週間用いるも効果なく、以後含嗽薬とステロイド含有軟膏のみを使用した。その間、頬粘膜潰瘍に接する下顎7~7を抜歯するなどして対応してきたが、粘膜の発赤・潰瘍・しみる・味覚がないなどの症状は改善しなかった。


初診時

プラチ・ナノテクト使用後の変化

初診より2年後、プラチ・ナノテクトを使用したところ、頬粘膜の潰瘍は消失し、発赤・疼痛は消失した。患者は初めて食事の味がわかるようになったと喜んだ。以後口腔ケアの際にプラチ・ナノテクトの塗布を併用してもらい、経過は良好である。


使用後


●症例2

症状と経過

61歳、女性。両側頬粘膜のざらつきを訴えて、近歯科からの紹介で当科を受診。亜鉛、スズにて金属アレルギーを認めたが、それと疑う金属を口腔内に認めず、臨床的にOLPと診断し、以後含嗽薬とステロイド含有軟膏のみを使用した。


初診時

プラチ・ナノテクト使用後の変化

しかし変化がないため、特に炎症の強い左頬粘膜に当たる左下8を抜歯し、プラチ・ナノテクトを使用したところ、改善をみた。


使用後

●症例3

症状と経過

77歳、女性。半年前から両側頬粘膜がただれてしみるということで、近歯科からの紹介で当科受診。パッチテストでパラジウム、亜鉛、白金、スズによる金属アレルギーを疑った。生検では炎症が強くOLPの確定診断にはいたらなかったが、臨床的にOLPと診断した。ステロイド含有軟膏を塗布したり上顎8~8を抜歯するなどしたが、症状は改善しなかった。


初診時

プラチ・ナノテクト使用後の変化

プラチ・ナノテクト使用1週間で、右下7遠心部の頬粘膜潰瘍が消失した。


使用後

●症例4

症状と経過

79歳、女性。2カ月前から口の中がひりひりするということで、近歯科からの紹介で当科受診。HCVキャリアであった。生検にてOLPと診断。パッチテストでは全歯科用金属陰性であった。近歯科にて歯周治療を行うとともに、含嗽薬を用いて経過を観察したが改善はなかった。


初診時

プラチ・ナノテクト使用後の変化

歯周病治療、含嗽薬とともにプラチ・ナノテクトを用いたところ、1週間で口の中のひりひり感が改善した。潰瘍も縮小した。以後ブラッシング後のプラチ・ナノテクトの塗布を継続してもらっている。


使用後

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
手にフィットして握りやすい滑りにくいデザイン設計なので、握り…
松風ティッシュコンディショナーIIの使いやすさはそのままに、…