OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 扁平苔癬に対するプラチナノテクトの応用

結論と考察

堀本 進
横浜船員保険病院歯科口控外科

結論

今回行った症例評価は限局されたものではあるが、重症のOLP患者にプラチ・ナノテクトを用いたところ良好な結果を得た。

考察 現在の扁平苔癬に対する対応方法

OLPは原因不明の角化異常を伴う難治性の慢性炎症性疾患であり、その主訴は摂食時の刺激痛とされている3、4)ため、本疾患に対する臨床的対応の主たるものは、炎症性特性に対する抗炎症治療ということになる。
近年OLPの炎症に活性酸素が関与しているという報告が多くみられ5-9)、抗酸化作用を有する薬剤の応用が注目されている。
たとえば松村らはOLPの免疫組織化学染色により、活性酸素の関与を示唆している。
一方、本疾患の治療に関しては、従来BA(セファランチン)などがOLPに対して用いられてきており、良好な結果を得ている。AkamatsuらはBAが活性酸素種のスカベンジャーであると報告しており10)、原田らは実際に長期間患者にBAを投与し、OLP患者の改善時には末梢血好中球のO2-産生能の有意な抑制が認められたと報告している6)。
しかし今のところOLPに対してBAは保険適用がなく、臨床的には患者に用いることは難しい。
同様にアロプリノ-ル含嗽液を活性酸素種のスカベンジャーとして用いた報告があり8)、さらにはOLP上皮の細胞間接合強化という新しい観点からマレイン酸イルソグラジンを用いる試みも行われている11)。しかしいずれも一般的な治療法とはいえない。
このように、いまだ十分な解明がなされておらず治療方法が確立されていないOLPであるが、治療に際しては活性酸素のコントロールが一つの鍵になっているものと思われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
健康保険に適用されている硬質レジン歯で、生体に調和した自然感…
【製品概要】ビタパン(前歯)とビタリンゴフォーム(臼歯)は無…