OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> あなたもアンチエイジング! ~活性酸素からの一考察~

エイジングについて

東京都中野区・日野浦歯科医院
日野浦光(歯科医師)

アンチエイジングへの人類の思い

私たちは必然的にエイジング(老化)します。老化とは、生物学的プロセスのなかで、現象として顔にしわやシミができたり、老眼になったり、運動機能が低下したりすることで目に見える形として表現されますが、そのメカニズムはいまだ解明されたとはいえません。
1990年に『New England Journal of Medicine』に掲載されたRudmanらによる「hGH(ヒト成長ホルモン)の投与で高齢者の健康状態が10-20歳に相当するほど若返った」という研究発表1)は、エイジングをコントロールする可能性を示唆したものとして、研究者に大きな影響を与えたと慶応義塾大学医学部の坪田教授は述べています2)。
いつまでも若く美しくありたいと願うのは私たち人類の恒久の願いであり、古くは、かの秦の始皇帝も莫大な資金をかけて不老不死の薬を求めたという有名な話もあります。
近年、美容整形や審美歯科をはじめとした形態的なアンチエイジングが注目されておりますが、それらはエイジングに対抗するひとつの手段であり、すべてではないことをご理解いただきたいと思います。

エイジング因子

なぜ生物はエイジングするのでしょうか?
今日においては、細胞機能、遺伝子異変、フリーラジカル、ホルモンレベル、免疫力などさまざまな視点からアンチエイジングの基礎研究が進められていますが、そのなかで悪玉として特に注目されているのが活性酸素なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
う蝕原生菌が生成する酸性度によって危険度を調べるう蝕活動性試…
コンパクトヘッド歯ブラシで上手に磨けない口腔サイズが小さめの…