OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 世界で広がる現場発の臨床研究をご存知ですか?

日本におけるPractice Based Research

安彦善裕 Yoshihiro Abiko
北海道医療大学個体差医療科学センター

日本では、まだDPBRNは存在しない

“Practice Based Research”のキーワードでインターネット検索をすると、井上和男・元東京大学准教授(現帝京大学教授)の「Practice Based Research-日々の現場から情報発信を」がヒットするのみである。

現状では、公衆衛生学の専門家が疫学統計を用いて行う臨床研究の一部がPractice Based Researchに合致しているようであるが、そのための開業医のNetworkは形成されていない。

歯科における臨床研究は、疾患がより多様な医科に比べて、一見テーマを設定することが困難であり、活発に行われてきたとは言い難い。
しかしながら、前述のDPBRNでの研究のように、日常臨床のちょっとした疑問がすべて研究対象となるので、目線を変えることでさまざまなテーマがみつけられることになる。

たとえば、最近報告された「Oral health carespecific self-efficacy assessment predicts patient completion of periodontal treatment:a pilot cohort study」のような内容はDPBRにうってつけのテーマではないだろうか?
この研究は、歯周治療へ向けた患者の口腔ケアに対する自己効力感を、質問紙を用いて心理学的側面から明らかにしたものである。
口腔内から唾液や歯肉溝浸出液などをサンプリングしたものを用いる研究も可能ではあるが、サンプリング法やその保存法などの標準化が必ずしも簡単ではなく、現実的には、DPBRNのテーマの多くもそうであるように、質問紙(アンケート用紙)を用いた調査研究が主体となると思われる。

さらに患者目線でのエビデンス構築に向けて

臨床におけるエビデンスの重要性が議論されはじめて20年以上が経過した。

歯科臨床におけるエビデンスを紹介した雑誌Evidence Based Dentistry(Nature Publishing)をみると、これまで当たり前と思っていた治療も、裏付けとなるエビデンスに乏しいものが多いことがわかる。

これは、臨床のデータ数そのものが不足している場合もあるが、日常の臨床での素朴な疑問を解決しようとしていない臨床家サイドにも原因があるように思う。
また、臨床でのエビデンスがあくまで歯科医師目線でとらえられ、本来あるべき患者目線でのエビデンスが極端に乏しいようである。
歯科医療では、QOLの向上を目指した介入が多いことから、昨今広まりつつあるValue Based Medicine(患者の価値観に基づいた医療)であるべきものも多く、ここでは患者目線によるエビデンスが参考となる。

患者目線のエビデンスとは?

患者目線のエビデンスとは、歯科医師が良かれと思って行っている治療が、患者にとって本当に良いことなのか、患者が満足できる治療なのか、ということである。 たとえば、第二大臼歯の1歯欠損に対しては ・ 延長ブリッジが良いのか? ・ インプラントが良いのか? ・ そのまま放置が良いのか? これらの判断は、その時治療にあたる歯科医師の判断に委ねられているところが多い。心理学的側面から詳細なアンケート用紙を作り、広域な調査をして患者にとってどれがベストなのかの検討が行われるべきであろう。このようなエビデンスの構築には、まさにDPBRNが構築され、利用されるべきであろう。

【参考文献】
安彦 善裕.歯界展望 vol. 115, No3, 2010-3
1) Mjor IA.Practice-based dental research. J Oral Rehabil. 2007:34 (12) :913-920.
2)Gilbert GH, Williams OD, Rindal DB, Pihlstrom DJ, Benjamin PL, Wallace MC;DPBRN Collaborative Group. The creation and development of the dental practice-based research network. J Am Dent Assoc.2008:139 (1) :74-81.
3) Houston TK, Richman JS, Ray MN, Allison JJ, Gilbert GH, Shewchuk RM, Kohler CL, Kiefe Cl;DPBRN Collaborative Group. Internet-delivered support for tobacco control in dental practice:randomized controlled trial.J Med Internet Res. 2008:10 (5):e38.
4) Kakudate N, Morita M, Kawanami M. Oral health carespecific self-efficacy assessment predicts patient completion of periodontal treatment:a pilot cohort study. J Periodontol. 2008:79 (6) :1041-1047.

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
スタディモデルの乳歯顎の角型土台製作用ゴム枠です。
CRTは、患者さんの唾液中のストレプトコッカスミュータンスや…
関連セミナーが見つかりません