OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

シカダス >> 臨床家のシテン【保険適用のCAD/CAM冠】

臨床家のシテン【保険適用のCAD/CAM冠】

【はじめに】

【2015年2月18日up】

OralStudioでは、開業医の先生方のリアルな視点を調査するため、2014年より「臨床家のシテン」と銘打ったWebアンケートを開始いたしました。

今回、「臨床家のシテン【保険適用のCAD/CAM冠】」に関するアンケート結果(有効回答数44名)がまとまりましたので、ご報告させて頂きます。 なお、今回アンケートにご参加くださった先生方は、自発的にOralStudioトップページよりご参加くださいました。

【第1問:保険適用CAD/CAM冠の導入について】

保険適用CAD/CAMの導入に関して伺いました。


・積極的に導入:25% ・ケースを吟味して導入:25% ・ケースは少ないが導入:2% ・未導入:48% という結果になりました。回答者の約半数は、保険適用CAD/CAM冠を扱ったことがあるという結果になりました。

【第2問:なぜ導入しないの??】

次に、前問で「未導入」と回答した方(48%=21名)に、未導入の理由を伺いました。


この設問は、選択肢として(グラフ左から順に…)、
・もう少し様子をみてから導入を検討
・CAD/CAM治療を行うための届出が面倒
・対応する技工所がわからない
・CAD/CAM冠の支台歯形成が不安
・その他

があり、複数選択が可能です。

回答者のほとんどすべての方は、単一の理由を選択されました。やはり「様子をみた上で…」がもっとも大きな理由でした。その他の理由としては「技工料が高い」「利益率が低い」「自費で対応してきたのであえて保険で行う必要性を感じない」等がありました。

【第3問:どこのメーカーをご存知ですか?】

第1問で「導入している」と回答された方に「保険適用CAD/CAM冠でご存知の製品を教えて下さい」と質問しました。 2015年2月現在、保険適用となっているCAD/CAM冠製品は以下の6種類。

・ラヴァアルティメット(3Mヘルスケア社)
・松風ブロックHC(松風)
・エナミック(KaVo)
・グラディアブロック、セラスマート(GC)
・KZR-CAD ハイブリッドレジン(山本貴金属)


一人当たりの知っている製品数は…計算上は約3製品ですが、 実際は、ほぼすべての製品をご存知の方と、1製品(たぶん導入されている製品)のみの方とに分けられました。

第4問:製品による差はありますか?

第1問で「導入している」と回答された方に「製品による治療結果の差があったか」伺ったところ、90%以上の回答者が「わからない」「なかった」と回答されました。


第5問:支台歯形成において専用バーは使っている?

第1問で「導入している」と回答された方に「CAD/CAM冠専用の支台歯形成バーを使用しているか」伺いました。この結果には、少し驚きました。


約65%の回答者が、「使用していない」と回答されました。

なぜ驚いたかといいますと・・・

CAD/CAM冠は、
デジタルデータとしてスキャンし、ミリングマシーンでバーを用いてブロックを切削し、クラウンを削りだしていきます。このため、クラウン内面に角があっても(支台歯に角がある)、ミリングマシーンのバー形状により、内面の角は削りだせません。

ザックリとしていますが、このような理由により、
【丸みを帯びた支台歯形成】が求められるわけです。

CAD/CAM冠支台歯形成における専用バーは、手軽に、そして確実に、


・適切なクリアランスを持ち
・丸みを帯びた支台歯


を形成できるので、ぜひご活用頂きたいです。
これは、補綴物の長期耐久性にも大きく影響してくるポイントです。

第6問:専用バーの必要性を感じる?

第1問で「導入している」と回答された方に「CAD/CAM冠専用の支台歯形成バーの必要性を感じるか」伺いました。第5問の関連する設問です。


前問で「専用バーを使用」と回答された方のほとんどは、「非常に感じる」「感じることがある」と回答されています。一方、「専用バーを使用していない」方は、その逆です。

あまりにも、当たり前の結果ではありますが、 ここで考えなければならないことは・・・

① 専用バーを使用しなくても、CAD/CAM冠に求められる支台歯形状の要件を満たす形成ができるから、専用バーは不要である

② CAD/CAM冠に求められる支台歯形状の要件に関しての理解が浅いから、専用バーの必要性を感じない

のどちらかを臨床家自身が判断していく必要があるなと思います。 本原稿を書いている私も歯科医師ですが・・・専用バーなくして要件を満たす形成ができる自信はありません(不器用なだけかもしれませんが(笑))

第7問:保険適用CAD/CAM冠が患者さんをハッピーにする?

第1問で「導入している」と回答された方


患者満足度は、おおむね良好な結果となっています。 後は、長期耐久性に関する報告を待たねば評価できません。


以上、簡単ではありますが、「臨床家のシテン【保険適用のCAD/CAM冠】」に関するアンケート結果としてご報告させていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
インプラント用接着性レジンセメントインプラント専用に作られた…
■小さく始めて、大きな成果をDWX-4はコンパクトさと扱いや…
関連セミナーが見つかりません