OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 歯内療法の流れ

歯内療法の診査、診断

はじめに

歯内療法における診査の多くは、全ての歯科治療に共通するものである。その詳細はここでは省略するが、完全な診断を期するにあたって行われるべきものである。治療を予定する全ての歯に対して歯髄および根尖歯周組織の診断を行うべきである。

診査・診断の目的

1)適切な処置方針を決定する。
2)術者の専門的技術、知識、経験を考慮し、難症例かどうか見極める。
3)他の医療関係の専門家への相談、もしくは依頼が適当かどうかを決定する。

診査診断の基本情報

・医科的あるいは歯科的既往歴
・患者の表現する主訴
・視診
・デンタルX線写真

から得られ、必要に応じて温度診、電気診、打診、触診、動揺度などの診査を行う。

歯周組織の診査

・歯周組織の診査
・透照診
・咬頭干渉の有無
・細菌学的検査
も必要となる場合がある。

エックス線検査

・パノラマX線写真
・バイトウィング法
・咬合法
・反対側や対合歯のX線写真

状況に応じて複数方向からのX線写真が有効となる。さらに拡大視野や明るい光源、あるいは口腔内写真が必要となる場合もある。

正確な診査診断のために

正確な歯髄や根尖歯周組織の診断を容易にし、さまざまな診査から得られたデータを比較するために、患者に定期的な経過観察の来院を勧めるべきである。参考資料として前歯科医からX線写真を提供してもらうことが必要となる場合もある。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
ポイント全体がISOカラーに準じて色分けされています。番号又…
導電性の良いメタルハンドル(金属柄)付きの切削力と柔軟性をあ…
関連セミナーが見つかりません