OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 歯髄の保存療法

間接覆髄、裏層

間接覆髄、裏層の適応症

最近、この治療法には疑問がもたれているが、裏層は以下の臨床条件がすべてみられるときに適応である。

1)深い窩洞形成。
2)歯髄診に対して歯髄が正常に反応し、臨床的に無症状である。
3)X線写真上で正常な根尖歯周組織。

間接覆髄、裏層の処置法

う蝕と間違えて再び切削し、歯髄に傷害を与えることのないように、造影性のある充填材料を深い窩洞の窩底に置く。その上に最終修復処置を行う。

間接覆髄、裏層の目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)最終修復物と象牙質の間に造影性のある裏層材を置く。
3)電気診あるいは温度診に対する正常な反応を維持する。
4)根尖歯周組織の破壊を防ぐ。
5)定期的なX線写真撮影により、歯根吸収や根管の石灰化が生じていないことを確認する。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
エンド洗浄器具 底面にスリットが入っており、そのまま超音波洗…
根管充填シーラー材料 ・硬化時に膨張(0.2%)   ・組織…
関連セミナーが見つかりません