OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 歯髄の保存療法

直接覆髄

直接覆髄の目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)歯髄組織の上に造影性のある覆髄材を直接置く。
3)電気診あるいは温度診に対する正常な反応を維持する。
4)根尖歯周組織の破壊を防ぐ。
5)定期的なX線写真撮影により、歯根吸収や根管の石灰化が生じていないことを確認する。

直接覆髄の適応症

直接覆髄は、以下の臨床症状がみられるときに適応である。

1)臨床的に生活歯髄で無症状な歯髄が露髄した場合。とりわけ根尖が完全に形成されておらず、アペキソゲネーシスを試みる場合。
2)露髄面にて出血がコントロールされている。

3)露髄面で覆髄材を歯髄組織に直接接触できる。
4)露髄面での細菌汚染が最小限である(う蝕による露髄が小さく、ラバーダム下で医原性の露髄が生じたか、またはラバーダム処置がすぐに行われた)。

5)適切な歯冠側の封鎖が維持される。

歯内療法が代替治療法として存在し、不測の場合には歯内療法を行わねばならないこと、そして直接覆髄によって今後の歯内療法の可能性を未然に防げるかもしれないことを患者によく説明しなければならない。

直接覆髄の処置法

露髄した生活歯髄の表面に、造影性のある覆髄材を直接置く。その上に最終修復処置を行う。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
プロテーパーのF1、F2、F3と先端径およびテーパーがそれぞ…
根管壁及び根管充填用ポイントに対するヌレに優れ、根管内では1…
関連セミナーが見つかりません