OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 非外科的歯内療法

非外科的再歯内療法(再根管治療)について

非外科的再歯内療法(再根管治療)の目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)全ての根管を可能な限り根尖近くまで緊密に充填し、X線的に良好な根管充填をする。過不足のある根管充填、レッジ、穿孔は避けるべきである。
3)根尖歯周組織の破壊を防ぐ。根尖歯周組織に病変がなければその状態を維持し、病変があれば治癒と正常な状態への回復を図る。

根管充填時の根周囲に正常な歯根膜腔や歯槽硬線が存在すれば、一時的なX線的変化があったとしても、一定期間後には術後のX線像に変化はないことが予想される。

X線透過像の大きさが縮小したが消失しない場合や拡大しない場合、患歯が無症状であっても、不完全治癒とみなして、さらにX線写真による経過観察が必要である。

術前に根尖部透過像が存在した場合、経過観察期間に健全な歯槽硬線や正常な根周囲の歯根膜腔が、X線写真で確認できることが予想される。

正常な歯根膜腔の形成がみられなくても、根尖部の骨の治癒がおこる場合がある。

非外科的再歯内療法(再根管治療)の適応症

非外科的再歯内療法は、以下の臨床症状がみられるときに適応である。

1)十分な治癒期間が経過しても、根尖病変が存在する場合。
2)X線写真で根管充填に問題があり、治療後に根尖病変や症状が継続している場合。
3)治療したにも拘わらず、臨床症状が持続している場合。
4)根管充填されているが、予定されている修復もしくは補綴処置が根管に及ぶ場合。
5)修復もしくは補綴処置が予定されているが、根管充填に問題がある場合
6)根管充填されているが、長期間唾液(細菌)に汚染されている場合。

非外科的再歯内療法(再根管治療)の処置法

非外科的再歯内療法は歯から根管充填材を除去し、ラバーダムを用いた無菌下で、根管の清掃、形成、根管消毒そして根管充填を行う処置である。

生体親和性のある材料が封鎖に用いられる。シーラーは良好な封鎖を得るため、根管充填材と一緒に用いられる。ポストの除去や根管内のなんらかの異常、破壊された根尖部、特異な根管形態、レッジや穿孔に対する処置が必要な場合もある。

再治療は困難であり、多くの労力、時間、技術を必要とし、術者の能力や経験につちかわれた処置によって行われる。治療を適切に行うためには、アペキシフィケーション、再石灰化処置(recalcification)もしくは外科的治療が必要な場合もある。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
GPSクランプ用プライヤーをしっかりと保持します。用途:GP…
リーマー・ファイルを患者さんごとに管理できます。リーマー・フ…
関連セミナーが見つかりません