OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 外科的歯内療法

歯根切除法/ルートアンプテーション

歯根切除法/ルートアンプテーションの目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)重度の歯周病変の除去または軽快。

3)残された歯根に十分満足のいく根管充填をする。
4)残された歯根に適切な外形を付与する。

5)歯髄腔の開口部の封鎖。
6)修復により患者自身がメンテナンスできる歯の構造を付与する。
7)切除すべき歯根を有する歯の補綴物を保存する。

歯根切除法/ルートアンプテーションの適応症

歯根切除は、以下の臨床条件がみられるとき適応である。

1)III級あるいはIV級の根分岐部病変
2)複根歯の一根に骨縁下欠損が存在するが、歯周治療では治癒が期待できないもの。
3)ヘミセクションに向かない固定式補綴物が装着されているもの。
4)垂直性の歯根破折が一つの根に限られ、分割除去の必要なもの。

5)根面う蝕、吸収性の歯根欠損もしくは穿孔が存在し、歯根を除去することなしでは手術が不可能であったり、正確な処置ができないもの。
6)非外科的処置もしくは根尖部の外科処置では治癒が不可能な慢性の根尖病変。
7)少なくとも一つの根が構造的に健全である。

歯根切除法/ルートアンプテーションの処置法

歯根切除は、健全な歯冠部をそのままに、歯根を外科的に除去する処置である。歯根切除は保存される歯根全てに根管処置が必要である。

可能ならば、歯根切除を行う前に全ての根管を完全に処置し、根管口部に永久修復を行うことが望ましい。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
湾曲根管の拡大、三角形の断面による優れた柔軟性シャープなカッ…
関連セミナーが見つかりません