OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 外傷の分類と処置法

露髄のある歯冠破折

露髄のある歯冠破折に対する処置の目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)造影性のある材料で覆髄する。
3)審美的、機能的に良好な状態とする。

4)電気診、温度診で正常な応答が保たれる。
5)根尖歯周組織の破壊を防ぐ。
6)定期的なX線撮影により、歯根吸収や根管の石灰化がないことを確認する。

7)歯内療法を行うための十分な歯根の発育を促す。

露髄のある歯冠破折に対する処置の適応症

以下の臨床条件がみられるときに適応。

1)エナメル質、象牙質、そして歯髄に及ぶ歯冠破折。
2)歯髄に生活反応がある。

露髄のある歯冠破折に対する処置法

1)根未完成歯
処置の目的は、歯髄を保護することによって歯根の成長を促すことである。覆髄もしくはアペキソゲネーシスが必要となる。
残存する根部歯髄の生活力や機能を維持するために、生体親和性の材料で直接覆髄する。そして最終修復を行う。
根が完成した後、非外科的歯内療法と補綴的な歯冠修復とが必要となる場合がある。

2)根完成歯
破折面の修復にクラウンによる補綴が必要でない場合、覆髄や断髄のあとで修復処置を施す。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
《歯科用CTの被曝線量1/4(当社比)を実現》■フリーFOV…
厚さ0.4mmのブレードにより低侵襲性のリトラクトが可能です…