OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯内療法学 >> 外傷の分類と処置法

歯根破折

歯根破折に対する治療の目的

1)臨床症状の悪化を未然に防ぐ。
2)審美的、機能的に良好な状態とする。

3)根未完成歯では歯根成長の継続、あるいは完成をX線写真上で観察する。
4)歯根破折の治癒(石灰性、線維性、骨性)をX線的に観察する。
5)歯の動揺を最小とする。

歯根破折の処置法

初期治療により、破折部には石灰化による治癒が始まる。
多くの症例では初期治療が最終処置となるが、まれに非外科的歯内療法が必要な場合もある。

1)初期治療
歯冠部破折片を元の位置に戻すことで破折の整復を行う。
指圧もしくは矯正装置により、歯冠部破折片の位置を整えるだけですむかもしれない。整復後は、歯冠部破折片を正しい位置に適当な期間、強固に固定する必要がある。

2)最終処置
■ 初期治療が成功したら、最終処置は定期的なX線診査や臨床診査だけですむ。もし歯髄
壊死が進行していたら、非外科的歯内療法が適応となる。

■ 歯根破折が根尖部で生じ、歯髄壊死という結果になった場合、破折片は外科的に除去するか、もしくは非外科的歯内療法を併用する。

■ 歯冠部歯質が歯槽頂付近まで喪失した場合には、歯根の挺出が適応となる。

参考文献:歯内療法ガイドライン・学術用語集(2005年 日本歯内療法学会作成)

各種学会情報はこちらから→
各種セミナー情報はこちらから→
歯内療法に関する動画はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
切断した一方の糸をホールドでき、そのまま抜きとることができま…
受注生産品につき、納期が2 - 3週間かかることがあります。