OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

睡眠学 >> 睡眠障害

睡眠障害に対する診査・診断・治療

診査・診断について

睡眠障害(ここではSAS)に対する診査方法は、まず二通りに分かれる。
(1) 一泊入院による検査→健康保険適用で1回約3万円程度(3割負担)
(2) 家庭でできる簡易検査→一般検査で1回数千円

一泊入院による検査

入院下における検査項目は、脳波・眼球運動・オトガイ筋筋電図・呼吸曲線・血中酸素飽和度・いびき音・心電図等のセンサー・体位センターなど必要と思われるものすべてである。

メリット
・脳波を含め様々なデータをとる事ができる
・その後の治療への導入がスムーズである
・医療機関の管理下で検査ができる

デメリット
・一泊外泊しなければならない
・非日常的な空間・及び多くの器材を体につけて寝るため検査結果が日常状態と異なることがある
・健康保険適応にもかかわらず価格が高い
・検査可能な医療機関の数が少ない
・検査結果を知るために再度通院しなければならない

家庭における検査

パルスオキシメーターにより睡眠中の血液酸素飽和濃度を測定する。

メリット
・小さな機械を指先につけ自宅で寝るだけ
・価格が安いにも関わらずある程度の評価可能
・検査結果を聞くために通院する必要がない
・自分の日常的な睡眠状態が把握できる

デメリット
・SASの確定診断はできない。
・問題点が浮上した場合は病院で検査を受ける必要がある
・一泊入院検査と比較すると情報量が少ない

治療法について

残念ながら完治させるような治療方法は存在せず、対処療法を行うのが現状である。
対処療法について
1・OAの装着
2・ダイエット(中期成功率3%以下。あまり現実的ではない)
3・C-PAP(無呼吸を感知すると強制的に空気を送り込むマスク型の装置)
4・外科的療法

Peppard PE, et al: Longitudinal study of moderate weight change and sleep disordered breath. JAMA 284: 3015-3021, 2000

参考
睡眠時呼吸障害 Update、日本評論社
睡眠学ハンドブック、朝倉出版
睡眠医歯学の臨床、(株)ヒョーロン

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
【効能・効果】カンジダ属による下記感染症口腔カンジダ症、食道…
【新発売】手洗いマニュアルポスターの進化版!衛生的手洗いの手…
関連セミナーが見つかりません