OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

口腔外科学 >> 唾液腺疾患

腫瘍疾患概要 【各論】

唾液腺腫瘍の特徴

唾液腺のほとんどは腺体組織に由来する上皮性の腫瘍である。画像所見や臨床所見から他の唾液腺疾患と判断がつかないことも多く、穿刺細胞診や生検によって病理組織学的に診断することが多い。臨床的には耳下腺に発生することが多く、大唾液腺における腫瘍発生頻度は耳下腺≫顎下腺>舌下腺の順である。小唾液腺では口蓋腺に好発する。舌下腺に発生する腫瘍は悪性であることが多い。病理組織学的には良性腫瘍の多形性腺腫の頻度が圧倒的に高い。悪性腫瘍では粘表皮癌や腺様嚢胞癌が比較的多い。治療法は、良性腫瘍の場合は外科的に摘出することが原則で、再発を防ぐために被膜を残さずに腫瘍組織を完全に除去することが大切である。悪性腫瘍の場合は、一般的な悪性腫瘍の治療法に準じる。また、耳下腺に生じた悪性腫瘍の場合は顔面神経を温存することが難しく、外科的に顔面神経を含めて腫瘍を摘出し、その後に神経移植を行うことが多い。

唾液腺腫瘍の分類(WHO 1991年 改変)

腺腫

多形性腺腫
筋上皮腫
基底細胞腺腫
Warthin腫瘍(腺リンパ腫)
オンコサイトーマ
管状腺腫
脂腺腺腫
導管乳頭腫
嚢腺腫

癌腫

腺房細胞癌
粘表皮癌
腺様嚢胞癌
多形性低悪性度癌
上皮筋上皮癌
基底細胞癌
脂腺癌
乳頭状嚢腺癌
唾液腺癌
多形性腺腫内癌
唾液管癌
悪性筋上皮癌
小細胞癌
未分化癌
腺癌
扁平上皮癌
非上皮性腫瘍
悪性リンパ腫
その他の癌(転移性悪性腫瘍など)

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
鋭利な先端で無理のない抜歯にペリオトームとエレベーターが一体…