OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> レジン関係

接着性レジンと歯髄刺激

接着性レジンと歯髄刺激

過去に、レジン修復処置の術後疼痛の原因は、未重合モノマーが歯髄を刺激することであると考えられたことがあるが、現在では否定されている。
Inokoshiらは、in vivo環境において、実験動物の健全歯に象牙質に到達する窩洞を形成し、リン酸によるトータルエッチング(smear layer やsmear plugは完全に除去)を行った後、窩底部にコンポジットレジンの未重合ペーストを充填し、窩洞入口を封鎖し、コンポジットレジンの未重合モノマーの歯髄に対する影響を病理組織学的に検証した。その結果、歯髄壊死や膿瘍を示す所見は見当たらなかったと報告している。

現在、レジン修復処置後の疼痛原因は、不十分なウ蝕処置や不十分な辺縁封鎖性により
・接着界面における細菌の存在
・細菌の産生する毒素や酸の接着界面への侵入
が起こることであると考えられている。近年、合着材などを含む歯質接着性システムの改良・進歩が著しく、適切な使用を行うことによりかなり高いレベルで辺縁封鎖がなしえるようになった。このため、修復処置後の不快症状に関する訴えは減少しているといわれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
「グラディアフォルテ」は、「グラディア」で培われた技術(色調…
リキッドタイプのプライマーで、塗布は1回だけですみ、優れた…