OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> レジン関係

ビスフェノールAについて

概要

まずは一般的なビスフェノールAの基礎知識を深めてもらうために、以下のリンクを参照されたい。

●ビスフェノールA安全性5社研究会
●ウィキペディア

1996年、Oleaらは、レジン系シーラントから唾液中に外因性内分泌攪乱物質であるビスフェノールAが溶出しているorしていたことを報告し、世間でもかなりの話題を呼んだ。
Estrogenicity of resin-based composites and sealants used in dentistry.Environ Health Perspect. 1996 Mar;104(3):298-305).

その後、多くの研究者が様々なコンディションを想定し、レジン系材料からビスフェノールAの溶出に関して研究を重ねているが、溶出量は極めて微量であり、生体為害性はほとんどないと考えてよいと結論付けている。以下に1998年前後の文献PubMedリンクを示す。

●A study of component release from resin pit and fissure sealants in vitro.Dent Mater. 1997 Mar;13(2):98-102.
●In vitro elution of leachable components from dental sealants.J Am Dent Assoc. 1997 Nov;128(11):1517-23.
●HPLC analysis of dental resin composites components. J Biomed Mater Res. 1999 Dec 5;47(3):374-8.

コンポジットレジンとビスフェノールA

理論的には、歯科用コンポジットレジンにはビスフェノールAやその誘導体は含まれていないはずであるが、Bis-GMAを合成する際の不純物として製造過程中に残存したと考えられる。しかし、近年でも十分な安全性を確認・考慮した上でBis-GMAは広く用いられている。ちなみに、内分泌攪乱物質とは、ホルモン受容体に結合(エストロゲン)することによりホルモン様の働きをする化学物質のことである。詳細は以下リンクを確認頂きたい。

関連リンク

wikipedia
環境省
財団法人環境情報普及センター
環境ホルモン学会

参考
保存修復学21、第3版、永末書店
上記関連リンク各サイト 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
<知覚過敏症状を予防する歯磨剤>成分がすみずみまで行き渡るリ…
シンプルなのに簡単、21世紀のビーナスがめざしたのは「ナチュ…