OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> レジン関係

各種レジン材料の取り扱い注意点

注意すべきポイント

接着性レジンシステムのR&Dは日進月歩であり、現在様々なシステムが市場に溢れている。接着操作のステップ数の異なるものや、接着コンセプト(ウェットボンディングシステム、セルフエッチングシステム等)が異なるものまで非常に多岐に渡る。しかし、これらの製品の高性能化が進むにつれ、商品ごとの扱いは微妙に異なる。
使用する接着性レジン材料が最高のパフォーマンスを引き出すためには、各々に適した使用方法を厳守することは絶対であり、そのためには製品付属の指示書を確実に守っていただきたい。以下に、注意すべきポイントを列記する。

ポイント一覧

・接着性レジンシステムの保管方法は?
・スポンジブラシを使用するのか、それともマイクロブラシか、筆か?
・使用前に容器をシェイクする必要はないか?
・塗布しようとしている材料は容器から出してどの程度経過しているか?
・被着歯面の状態はドライか、ウェットか?
・接着歯面にはどのような加減で塗布するのか、擦るように、それともただ塗るだけか?
・エアブローは弱圧か、強圧か?・水洗は必要か?
・2度塗りが推奨されていないか?・光照射時間は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
シーラント材の適用できない平滑面や傾斜面などに塗布できる歯面…
グラディアなどのMFR型硬質レジン製補綴物の処理に用いるプラ…