OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> レジン関係

粘膜の白化について

粘膜障害として

口腔粘膜にプライマーやボンディング材が付着すると白色に変化する。これは、レジン系材料に含まれているHEMA等による粘膜障害であり、一般的には数日で治癒する。予防策としては、バキュームによる吸引の徹底やラバーダム装着が挙げられる。
歯科医療従事者にとっては日常的な出来事であるが、患者にとっては明らかに外傷であり、様々な問題の発生も考えられるので、万一、白化が認められた場合は十分な説明を行うが必要不可欠である。いかにすばらしい修復処置も台無しになってしまう可能性があることを十分に考慮すべきだ。
また、HEMA等の材料に繰り返し直接接触していると感作されアレルギー反応を引き起こすことがある。歯科医療従事者サイドにとってもリスクがあることなので、注意されたい( 遅延型アレルギー)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
硬質合金を多量に研削する場合、能率的に行えます。硬質合金(ニ…