OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> GIC関係

GIC充填における注意事項

感水について

GICの硬化反応には水分が必要不可欠であるが、初期硬化直後のセメントは水分の影響を非常に受けやすい。この段階で水と接触すると、GICマトリックス形成反応が阻害され物性は低下する。物性低下の結果、セメント表面の白濁や軟化が生じる。

脱水について

初期硬化が終了した後も、GICは数週間から数ヶ月に渡り硬化反応は持続する。この期間においては、セメントの乾燥・脱水・離水が物性を低下し、ひび割れなどが起きる。口呼吸・研磨時の発熱等には十分注意する必要がある。

参考
Advances in GLASSIONOMER CEMENT, quintessence books
保存修復学21、第3版、永末書店 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
口腔内で用いる歯科修復物(※)の形態修正後の滑沢化、装着後の…
歯冠色をした化学硬化型の充填用コンポジットレジン。2ペースト…