OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> グルタルアルデヒドの使用に際する注意事項

事業者が講ずべき措置

グルタルアルデヒド使用留意点

事業者は、グルタルアルデヒドによる労働者の健康障害を防止するため、グルタルアルデヒドを含有する殺菌消毒剤の添付文書に記載された使用上の注意を遵守するほか、以下の措置を講ずるよう努めること。

参考HP

丸石製薬【使用上の留意点】

花王【添付文書】

wikipedia

作業環境管理及び作業管理

ア  濃度の測定
グルタルアルデヒドを使用して消毒作業が行われる屋内作業場においては、空気中のグルタルアルデヒドの濃度を測定すること。
なお、設備の新設・更新、作業方法の変更等があった場合には、必要に応じて濃度の測定を行うこと。

イ  測定結果に基づく措置
アの測定の結果、空気中のグルタルアルデヒドの濃度が0.05ppmを超える場合には、有効な呼吸用保護具、保護眼鏡等を使用させることにより労働者のばく霧防止を図るとともに、 0.05ppmを起えないようにするため、次に掲げるいずれかの措置のうち、当該作業場において有効な措置を講じること。また、措置を講じたときは、その効果を確認するため、再度測定し、その結果の評価を行うこと。
なお、(ウ)又は(エ)により換気のための装置を設置する場合には、効果的に換気のできる位置に設置すること。
(1)  グルタルアルデヒドと同等以上の効果があり、有害性の少ない他の殺菌消毒剤への変更
(2)  密閉型の自動洗浄機の導入
(3)  局所排気装置又はプッシュプル型換気装置の設置による換気
(4)  全体換気装置(換気扇を含む。)の設置又は窓の開放による全体換気
(5)  グルタルアルデヒドへの労働者のばく露を低減させる作業方法への変更

ウ  グルタルアルデヒドに直接接触するおそれの高い作業において留意すべき事項
労働者をグルタルアルデヒドに直接接触するおそれの高い作業(自動洗浄機を用いずに行う消毒作業、自動洗浄機の消毒剤の交換作業等)に従事させるときは、測定した空気中のグルタルアルデヒドの濃度が0.05ppmを超えない場合であっても、有効な呼吸用保護具、保護眼鏡、不浸透性の保護衣、保護手袋等を使用させることにより労働者のばく露防止を図ること。
また、自動洗浄機を用いずに行う消毒作業においては、ふた付き容器を用い、医療器具等を浸漬している問はふたをすること。

健康管理

労働者を、グルタルアルデヒドを取り扱う業務に従事させる場合には、労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)第43条に基づく雇入時の健康診断において、問診により皮膚疾患、呼吸器疾患、アレルギー症状等についての既往歴を調査するとともに、必要に応じてアレルギー反応に関する他覚的検査や臨床検査を行い、その結果を踏まえ、アレルギー症状を発症する可能性のある者や既に気管支喘息を発症している者に対しては、その作業方法等に十分配慮すること。
異動等により労働者を新たにグルタルアルデヒドを取り扱う業務に従事させる場合も、上記の既往歴の調査等を行うこと。
また、グルタルアルデヒドを取り扱う労働者に皮膚、呼吸器等への異常が見られた場合には、産業医等の意見に基づき、設備の改善、作業方法の改善、就業場所の変更等の必要な措置を講じること。

グルタルアルデヒド濃度労働安全衛生法全文へ

労働衛生教育

グルタルアルデヒドを取り扱う業務に従事する労働者に対して行う労働安全衛生規則第35条に基づく雇入れ時等の教育は、次の事項について行うこと。
・グルタルアルデヒドの物理化学的性質
・グルタルアルデヒドの有害性並びにばく露することによって生じる症状及び障害
・グルタルアルデヒドの取扱い上の注意及び応急措置
・保護具の使用方法
・その他健康障害を防止するために必要な事項

労働安全衛生法全文へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
シリコーン系ガム用模型材模型上で歯肉の形態・色調を再現繰り返…
デンタルウイルスガードフィルム~フィルム1枚からはじめる感染…
関連セミナーが見つかりません