OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> グルタルアルデヒドの使用に際する注意事項

殺菌消毒剤として使用されるグルタルアルデヒドの主な代替品

内視鏡等の医療器具等の殺菌消毒剤として、グルタルアルデヒド(グルタラール製剤)の代替となる殺菌消毒剤が開発されており、主な代替品の名称、特徴、使用上の留意点等は次のとおりである。

フタラール製剤

フタラール製剤は、オルトーフタルアルデヒドを0.55%含有する製剤である。
オルトーフタルアルデヒドはグルタルアルデヒドよりも揮発性が低く、粘膜刺激性も弱く、また、皮膚刺激性、皮膚感作性は陰性である。
しかしながら、フタラール製剤で消毒した器具を用いて白内障手術を行った患者に、水疱性角膜症等が発現したとの報告があるので、超音波白内障手術器具類には使用しないこととされているほか、本剤で消毒した膀胱鏡を繰り返し使用した膀胱がん既往歴を有する患者にショック・アナフィラキシー様症状が現れたとの報告があるので、経尿道的検査又は処置のために使用する医療器具類には使用しないこととされている。また、皮膚に接触すると黒色に変色することがあり、フタラール製剤で消毒した経食道心エコー(TEE)プローブ等の医療器具を使用した患者に、食道の粘膜損傷等が発現したとの報告もある。
このため、フタラール製剤を使用する場合には、換気を行うとともに、グルタルアルデヒドを使用する場合に準じて労働者に保護具を使用させる必要がある。
なお、フタラール製剤の使用に際しては、添付文書に従うこと。

参考HP

ジョンソン&ジョンソンの製品ページへ【フタラール製剤の理解が深まります】

ヨシダ製薬の高水準消毒薬解説ページへ【消毒の理解が深まります】

過酢酸製剤

過酢酸製剤は、6%過酢酸の入った第1割と緩衝液の入った第2割で構成され、濃縮液として販売され、水で希釈して使用される。使用時の過酢酸濃度は0.3%である。
過酢酸は、酢酸に酸素原子が1つ付加した物質で、強い酸化作用があり、劣化のおそれ又は腐食のため、天然ゴム・生ゴム、鉄、銅等の材質には使用できない。
過酢酸は、強い酢酸臭を有し、ヒトの皮膚、粘膜に激しい刺激作用があるので、過酢酸製剤を使用する場合には、労働者に有効な呼吸用保護具、保護眼鏡、保護手袋等の保護具を使用させる必要がある。
なお、過酢酸製剤の使用に際しては、添付文書に従うこと。

参考HP

サラヤ株式会社のニュースリリース【過酢酸に関する理解が深まります】

株式会社GCのケースプレゼンテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
EN13060に準拠した国産クラスbオートクレーブ器具を傷め…
関連セミナーが見つかりません