OralStudio オーラルスタジオ

予防・保健>患者教育

■ レクチャー一覧


タイトルタップで歯科医師専用 会員サイトへ移動。未会員の方は、会員登録頂くと、フルバージョンがご覧頂けます。
OralStudio会員登録はこちら(歯科医師限定)



医療の力で健康格差の拡大を予防できるか?遺伝子のかかわりは? について学べます。



遺伝子? 生活習慣? 友人関係?知識を凌駕するものはなに? について学べます。



環境の差が人々の健康に与える影響 について学べます。



近年なぜ 社会的決定要因 が重要視され始めてきたのかについて学べます。



自分以外の要因に左右されてしまう・・・患者さんの努力だけでは解決できないかもしれない問題の根幹 について学べます。



本日の講演会の前置き、前回の復習、そして 知識があっても行動できない理由 について、納得感を持って学べます。



予防介入により健康格差が拡大してしまう 逆転するケアの法則 とは、そして 自己責任論に陥りがちな日本人の文化的背景 について紐解きます。



健康格差を縮小するためにはどのような思考が必要なのか?また 日本のう蝕の現状 を学べます。



公衆衛生における施策は民主主義で決定 されます。社会の行動変容のために、私たち専門家ひとりひとりにできること を踏まえ、お話しします。



終末期の口腔 、またそうなる 分岐点 について学べます。軽度認知障害=MCIの患者さんは普通に外来にお越しになれます。今後の外来歯科治療において、MCIの方に対する手当 が非常に重要となります。



クリニックの受付でできるフレイルやMCIのスクリーニング方法 が学べます。非常に簡単な方法なので、ぜひ日々の日常にご活用ください。



"

今回は、糖尿病・骨粗鬆症と歯周病の関係を学んで頂きました。我々が継続的な持続可能な地域に根差した歯科医療を提供していくためには、患者さんの教育・医科医師の教育が非常に重要です。患者さんの全身QOL向上のため、我々歯科医師が持つべき視点を一緒に考えてみましょう。



"

Leeらによると、SPT中にコンプライアンスの高い患者さんは歯を喪失するリスクが低いと報告されており、歯周治療においてコンプライアンスは非常に重要であるといえます。ただ一方で、各国の一般市民における歯周病に関する知識には大きなギャップが認められており、今後さらなる患者教育、啓蒙が重要だと思われます。



遺伝的にう蝕になりづらい方がおられます。ここではその理由を解説すると共に、そうでない方における対処方法も示していきます。



分野一覧に戻る

2021年05月13日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?