OralStudio オーラルスタジオ

保存修復>根治後

■ レクチャー一覧


タイトルタップで歯科医師専用 会員サイトへ移動。未会員の方は、会員登録頂くと、フルバージョンがご覧頂けます。
OralStudio会員登録はこちら(歯科医師限定)



最新の根管処置歯の支台築造の臨床的ガイドラインによると、 残存壁数が2壁まである場合は「ポストの設置は不要でコアはコンポジットレジンで良い」とされています。 ちなみに残存壁数の判定基準は、歯質厚径1 mm以上、フィニッシュラインから歯質高径が2 mm 以上です。そして1壁、0壁の場合は、ファイバーコアとコンポジットレジンで支台歯を築盛(もしくは金属コア)し、アンレーかクラウンによる修復が推奨されます。



分野一覧に戻る

2021年05月13日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?