OralStudio オーラルスタジオ

補綴>義歯設計

■ レクチャー一覧


タイトルタップで歯科医師専用 会員サイトへ移動。未会員の方は、会員登録頂くと、フルバージョンがご覧頂けます。
OralStudio会員登録はこちら(歯科医師限定)



部分床義歯治療における設計の原則[インプラントなし編](前半)〔黒嶋先生 4回目/12回コース〕の 講演概要 をお伝えします。



部分床義歯において、設計とメインテナンス は非常に重要です。この講義では、様々なエビデンスを示し、適切な義歯メインテナンス間隔 をお示しします。



その欠損、補綴する?放置する? 補綴により、口腔内、機能がどのように変化するかエビデンスを踏まえお伝えします。



部分床義歯の効果・リスク・TMDとの関係・生存率 について、最新のエビデンスを元に解説します。



なぜ歯科医師は部分床義歯を敬遠するのか… 部分床義歯は適切に設計・メインテナンスされれば非常に予後の良い治療です。ここでは、部分床義歯が難しいと考えられている理由をお示しします。苦手意識のある方は、ぜひ今回の講義をキッカケに 部分床義歯治療の基本 を押さえて頂ければ幸いです。



この講義では、部分床義歯の肝 欠損分類 を学んで頂きます。宮地の咬合三角 を常に持ち歩き、この欠損状態が将来的にどうなるかを予測しながら診療にあたって頂けると幸いです。



ノンクラスプデンチャーの適用が学べます。ノンクラスプデンチャーは、暫間義歯、金属アレルギー、前歯部少数歯欠損、臼歯部少数歯欠損 などの症例以外は推奨されません。きちんと適応を学ぶことで、ノンクラスプデンチャーで問題を起こさないことが大切です。



片側性は「一定の条件」を満たす中間歯欠損だけで認められます。具体的には、欠損部両端を結んだ支持線で囲まれた支持域の範囲内(直線的)に人工歯が存在する場合はOKです。また両側性の設計において間接維持装置の数はどの様に決定すれば良いでしょう?具体例を示しながら学んでいきましょう。



片側性義歯の適応症例を示します。また、ここではレストシートとガイドプレーンの形成についても学んでいただけます。



今回の講演では、今まで学んだ知識を使いながら、今までの私の症例をご覧頂きます。私は診療ごとに義歯の設計図をスケッチし、治療し、患者さんの協力を得ることで、【10年間の喪失歯を1本未満に抑える】ことを目指して診療しております。



各種エビデンスをもとに、黒嶋先生が考える上下顎IODのインプラント埋入推奨位置をお示し頂きます。



分野一覧に戻る

2021年05月13日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?