OralStudio オーラルスタジオ

大阪大学大学院 歯学研究科
歯科理工学教室

歯科理工学教室

当教室の特色

当歯科理工学教室では、先端的バイオアクティブマテリアルの開発、新規の組織工学・再生医療技術の開発、各種歯科材料のバイオメカニクス研究、を3本の柱としてさまざまな研究プロジェクトを遂行しています。留学生も多く、ラボ内では英語を公用語とし、国際学会での成果発表や国際交流を盛んに進めています。

教室基本情報

研究キーワード

歯科材料 生体材料 組織工学・再生医療 バイオメカニクス 先端機能性材料

言語

主に英語

年間論文数

20本以上/年

取得可能な専門医

基礎教室のためなし

スタッフ

教授×1人、准教授×1人、講師×1人、助教×1人、医員×0人
大学院生×5人、研修医×0人、研究員×5人

ホームページ

大阪大学大学院 歯学研究科 歯科理工学教室ホームページ

教室風景

今里教授が、世界最大規模の国際的・学際的な歯学系学会であるIADRのVice President(副会長)に選出されました。
Abe助教が院修了時にADM 2021 University Student Awardsを受賞しました。
大学院生の李さんが第79回日本歯科理工学会学術講演会にて研究奨励賞を受賞しました。

詳細情報

教室が重要視しているポイント

研究、教育、論文・学会発表・国際交流・GPとの連携を重要視しております。

海外留学について

当教室は国際色豊かに研究に邁進しており、大学院生でも望めば積極的に支援します。

診療について学べること

材料学を通して、歯科治療に関する専門的な最新の視点を学べます。

一般大学院生の平均的な学内診療日数

週1日程度です。

一般大学院生の平均的な平日外勤日数

外勤は平日1日程度です。

社会人大学院生の一般的な通学日数

人により異なります。

大学院を目指す方へのメッセージ

歯科材料・生体材料研究に打ち込んで世界へ羽ばたこう!

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?