OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,189

用語・解説検索

分野の指定

偽膜性大腸炎

ギマクセイダイチョウエン

分野名

高齢者医療

解説

【概要】
抗菌薬投与後に発症する薬物起因性大腸炎
←抗生剤による大腸細菌叢の菌交代症が原因

重篤な基礎疾患を有する患者や、老年者に比較的多く発症


【原因菌】
菌交代症により異常増殖した嫌気性グラム陽性桿菌Clostridium difficileが原因である。
本細菌の産生する毒素(CDトキシン)により大腸粘膜が傷害され発症


【原因薬剤】
クリンダマイシン、リンコマイシンに多い


【症状】
抗菌薬治療開始後1週間前後で発現することが多い

症状の発現
→単なる軟便から出血性下痢、腹痛、発熱、タンパク漏出性腸症など広範囲にわたる。


【治療】
抗菌薬の中止と全身管理
重篤例→バンコマイシン、メトロニダゾールなどC.difficileに有効な薬剤投与を行う


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

製品情報

関連製品

ただいま登録がありません。

セミナー情報

関連セミナー

ただいま登録がありません。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?