OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

障害認定

ショウガイニンテイ

分野名

社会保障制度と医療経済

解説

【定義】
身体障害者福祉法の「身体障害者障害程度等級表」に掲げる身体上の障害がある18歳以上の者で都道府県知事、指定都市市長、中核市市長から身体障害者手帳の交付を受けたものをいう。


【身体障害の種類】
身体障害者障害程度等級(抜粋)S59年9月28日

<2級>
・両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)  
<3級>
・両耳の聴力レベルがそれぞれ90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
・平行機能の極めて著しい障害 音声機能、言語機能または咀嚼機能の喪失
<4級>
・ 両耳の聴力レベルがそれぞれ80dB異常のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
・ 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの 音声機能、言語機能または咀嚼機能の著しい障害
<5級>
・平行機能の著しい障害
<6級>
・ 両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
・ 一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?