OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

老人性難聴

ロウジンセイナンチョウ

分野名

保健・医療・福祉関係法規

解説

【老人性難聴とは】
加齢とともに生じる難聴のこと。
65歳以上の約1/4に難聴があるといわれている。


【老人性難聴の原因と対処】
ほとんどは内耳の蝸牛にある感覚受容器(感覚細胞や蝸牛神経)の変化がみとめられる。
←手術や投薬による改善効果はない
→そのため補聴器を使用することになる


【特徴】
音が小さく聞こえるだけでなく、割れたり、過大に聞こえたりする。
耳鳴りをともなうことを補充現象という
電車や車の大きな騒音が、本来より小さく聞こえるはずが、はるかに大きく響いたりする。


【話かける際の注意事項】
・ゆっくり明瞭な発音
・相手の顔をみて話しかけ、相手には自分の口をみながら話を聞くように
・わかるまで繰り返し話しかけたり、また、筆談も有効である。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

製品情報

関連製品

ただいま登録がありません。

セミナー情報

関連セミナー

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?