OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語5,910

用語・解説検索

分野の指定

minor tranquilizer

minor tranquilizer

分野名

高齢者医療

解説

【特徴】
不安や緊張を緩和するために処方される薬剤

【種類】
・ベンゾジアゼピン系がほとんど(毒性が少なくかつ依存性も低い)
・チエノジアゼピン系(ベンゾジアゼピン系の類似薬)

【作用機序】
中枢神経系、主として大脳辺縁系にある抑制性のGABAニューロンのシナプス後膜に存在するベンゾジアゼピン受容体に結合
→ GABAニューロンの作用を特異的に増強
→ 抗不安作用・鎮静作用・催眠作用・抗痙攣作用・健忘作用などを示す


【副作用】
・ふらつき、脱力感、倦怠感、呼吸抑制など
・老年者や肝機能が低下している場合
→ 薬剤の血中半減期が延長
→ 過度の鎮静


【歯科領域において】
・静脈内鎮静法における鎮静薬として使用(これが最も多い)
・全身麻酔時の前投薬として鎮静や催眠目的
・ペインクリニックでの鎮痛補助薬


【静脈内鎮静法の特徴】
健忘効果
→ 歯科治療を受けるうえで快適な鎮静状態
← 認知症患者の歯科治療では非常に重宝される@病院歯科


【注意!】
呼吸抑制あり
→ バイタルサインのチェック重要
→ 呼吸抑制症状が出現したら覚醒させる


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

製品情報

関連製品

ただいま登録がありません。

セミナー情報

関連セミナー

ただいま登録がありません。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。
あなたは歯科医療従事者ですか?