OralStudio オーラルスタジオ

CR修復に裏層は必要でしょうか?

CR修復に裏層は必要でしょうか?

日本歯科保存学会 > う蝕治療ガイドライン第2版 > 2015


■ エッセンス

必要ありません



■ 詳細

露髄していない深い窩洞を確実な接着によってCR修復した場合、裏層の有無は術後の歯髄症状の発現に影響を及ぼしません。よって、深在性う蝕に対するCR修復に裏層は不要です。

過去において、レジン系材料の化学的毒性や細胞毒性、またリン酸処理による為害性が指摘され、窩洞の裏層が推奨された時期もありましたが、現在は技術革新による接着性や辺縁封鎖性の向上により、深い窩洞でも裏層は必要ないと考えられます。



1つ以上のランダム化比較試験による、Ⅲ:非ランダム化比較試験による
科学的根拠があり、行うように勧められる。

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?