OralStudio オーラルスタジオ

歯髄温存療法に適する覆髄剤は?

歯髄温存療法に適する覆髄剤は?

日本歯科保存学会 > う蝕治療ガイドライン第2版 > 2015


■ エッセンス

水酸化カルシウム製剤あるいはタンニン・フッ化物合剤配合カルボキシレートセメントを使用



■ 詳細

歯髄に達するような深在性う蝕ではあるが可逆性の歯髄炎の場合は、水酸化カルシウム製剤あるいはタンニン・フッ化物合剤配合カルボキシレートセメントを使用して歯髄温存療法を行います。

これによりう蝕関連細菌は減少し、う蝕象牙質は硬化します。




科学的根拠があり、行うように勧められる。

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?