OralStudio オーラルスタジオ

臼歯隣接面2級窩洞の修復において、直接CR修復とメタルインレーを比較して臨床成績に違いはありますか?

臼歯隣接面2級窩洞の修復において、直接CR修復とメタルインレーを比較して臨床成績に違いはありますか?

日本歯科保存学会 > う蝕治療ガイドライン第2版 > 2015


■ エッセンス

ありません



■ 詳細

臼歯部隣接面2級窩洞において直接CR修復とメタルインレー修復に臨床的な有意差はありません。直接CR修復は、MIに基づくう蝕除去を行い確実な接着操作を行うことでメタルインレー修復よりも侵襲少なく審美的な修復が可能となります。

以上の理由より、臼歯部咬合面に対する直接CR修復は推奨されます。ただし、言い換えれば適切なう蝕除去、確実な接着操作が前提となります。



記述研究(症例報告やケースシリーズ)
高いレベルの科学的根拠がないが、行うように勧められる。

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?