OralStudio オーラルスタジオ

辺縁着色または辺縁不適合のCR修復物に対する補修は、再修復と同等の効果を発揮しますか?

辺縁着色または辺縁不適合のCR修復物に対する補修は、再修復と同等の効果を発揮しますか?

日本歯科保存学会 > う蝕治療ガイドライン第2版 > 2015


■ エッセンス

同等の効果を発揮します



■ 詳細

辺縁着色または辺縁不適合のCR修復に対して、二次う蝕がなくても再修復されることが一般的ではあります。ただ再修復による窩洞の拡大化も懸念され、多くの論文やガイドラインにおいて、補修修復を一つの選択肢として推奨されています。

また2次う蝕がある場合も、う蝕除去が確実に行え、修復操作も困難でないケースにおいては、補修修復を行うよう推奨されています。



非ランダム化比較試験による
科学的根拠があり、行うように勧められる。

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?