OralStudio オーラルスタジオ

嚥下内視鏡検査(VE)は、咀嚼・嚥下における食塊形成・搬送の評価に有用でしょうか?

嚥下内視鏡検査(VE)は、咀嚼・嚥下における食塊形成・搬送の評価に有用でしょうか?

日本老年歯科医学会 > 摂食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法ガイドライン > 2013


■ エッセンス

比較的簡便でどこでも実施できる反面、ある程度熟練が必要



■ 詳細

VEはレントゲン被爆がなく比較的簡便でどこでも実施でき、食塊形成や咽頭・食堂への送り込みが視覚的に観察できる反面、機能以上に対する定量的な指標がなく、また準備期の動きはとらえられず、摂食嚥下機能を一連的には評価できないことに留意する必要があります。



低い
推奨してもよい

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?