OralStudio オーラルスタジオ

最大舌圧測定は、リハビリテーション効果の評価に有用でしょうか?

最大舌圧測定は、リハビリテーション効果の評価に有用でしょうか?

日本老年歯科医学会 > 摂食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法ガイドライン > 2013


■ エッセンス

最大舌圧測定のみで摂食嚥下機能の変化を判定できないが、患者へのモチベーション付けへの活用に推奨



■ 詳細

摂食嚥下リハと最大舌圧の経過に関する報告は少ないですが、本検査は安価で副作用も少ないので、リハ効果の一部を簡便に測定し患者さんに示しモチベーション付けへの活用は推奨されます。

ただし摂食嚥下障害は様々な要因が絡み合って発症するため、最大舌圧測定のみで機能変化を判定、予測できない点について十分ご留意ください。



低い
推奨してもよい

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?