OralStudio オーラルスタジオ

咀嚼・嚥下時舌圧測定は、舌運動の評価に有用でしょうか?

咀嚼・嚥下時舌圧測定は、舌運動の評価に有用でしょうか?

日本老年歯科医学会 > 摂食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法ガイドライン > 2013


■ エッセンス

客観的な定量評価が可能だが、検査機器自体が限られており、検査には熟練を要する



■ 詳細

咀嚼・嚥下時舌圧測定はいくつかあり、適切な方法を用いることで、咀嚼嚥下時の舌と口蓋の接触関係について客観的な定量評価を得ることが可能であると報告されています。ただ市販されている本検査法の機器は少なく、検査に熟練を要することから、今後の展開に期待さてます。



中等度
推奨してもよい

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?