OralStudio オーラルスタジオ

認知症患者において、義歯の使用が可能かどうかを判断する要因は何ですか?

認知症患者において、義歯の使用が可能かどうかを判断する要因は何ですか?

日本老年歯科医学会 > 認知症患者の義歯診療ガイドライン2018 > 2018


■ エッセンス

普遍的な基準はない



■ 詳細

重度以上の認知症患者さんの義歯作成においては、義歯へのアダプテーション能力の残存、管理や介助に関する環境などを考慮して総合的に判断する必要があります。義歯を作成・調整しても使用できないケースも多く、また、既に食事が軟食化しているため義歯の必要性がないこともあります。

一方で、家族や介助者は義歯使用を望まれることもあるため、介護者の理解を前提に、前向きに治療を検討するのが臨床的には一般的だと考えます。



弱い
強く推奨

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?