OralStudio オーラルスタジオ

認知症患者において、義歯の衛生管理は本人よりも介護者に委ねるべきか?

認知症患者において、義歯の衛生管理は本人よりも介護者に委ねるべきか?

日本老年歯科医学会 > 認知症患者の義歯診療ガイドライン2018 > 2018


■ エッセンス

本人の能力に応じて、介護者がフォローする



■ 詳細

義歯ケアの不足は、口腔内微生物の温床となります。このため、誤嚥性肺炎や義歯製口内炎、またう蝕や歯周病リスクも高くなるため、義歯ケア管理は非常に重要です。

ただし、だからといって全てを介護者で行うのではなく、介護の自立支援(できることは自分で行って頂く)の思想も勘案しながら、ご本人でできることは行って頂くことが重要です。また、適切な義歯ケアを達成するためには、歯科医療従事者の介入により業況に応じて本人・介護者にケア方法の指導を行っていくことが推奨されます。



中等度
強く推奨

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?