OralStudio オーラルスタジオ

欠損部位の違いにかかわらず、接着ブリッジを用いた補綴歯科治療は推奨されますか?

欠損部位の違いにかかわらず、接着ブリッジを用いた補綴歯科治療は推奨されますか?

日本補綴歯科学会 > 接着ブリッジのガイドライン 改訂版 > 2017


■ エッセンス

推奨される



■ 詳細

接着性ブリッジは、従来の部分被覆冠や全部被覆冠支台のブリッジと比較して維持力は弱くなります。このため、欠損部位によって成功率が異なる可能性が推測されるものの、成功率についての様々な報告があり、実際のところコンセンサスは得られていません。

この理由としては、接着性ブリッジの成功率は、適用部位だけでなく、支台歯形態、咬合状態、被着面処理、使用する接着材など様々な影響を受けるためであると考えられます。そのため、欠損部位によって接着性ブリッジの適用を考えるのではなく、一つ一つの治療操作を厳密に行うことが重要であると考えられます。



弱い
弱い推奨

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?