OralStudio オーラルスタジオ

リライン法の選択基準は?

リライン法の選択基準は?

日本補綴歯科学会 > リラインとリベースのガイドライン > 2007


■ エッセンス

軽度の不適合:直接法
中程度以上の不適合:間接法(フラスク埋没法)。また、ジグによる方法も咬合高径を維持しつつ作業できるため、処置時間の短縮が可能。



■ 詳細

軽度の不適合の修正においては直接法が推奨されるが,中程度以上の不適合義歯に対しては,間 接法が推奨される.間接法のなかで,フラスク埋没による方法が確実であり,推奨される.また, ジグによる方法も印象採得時の咬合高径を維持した状態のリラインが可能であり,処置時間を短縮 できる.



弱い根拠に基づく
行うことをしてもよい

2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。
あなたは歯科医療従事者ですか?