OralStudio オーラルスタジオ

リベースの選択基準は?

リベースの選択基準は?

日本補綴歯科学会 > リラインとリベースのガイドライン > 2007


■ エッセンス

間接法(フラスク埋没法)が推奨れされる。また、ジグによる方法も咬合高径を維持しつつ作業できるため、処置時間の短縮が可能。



■ 詳細

フラスク埋没による方法が確実で推奨されるが,加熱重合すると重合収縮による寸法変化が生じ るため,咬合調整が必要になる.ジグによる方法も印象採得時の咬合高径を維持した状態のリベー スが可能であり,処置時間を短縮できる.




2020年01月05日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。
あなたは歯科医療従事者ですか?